株式会社アルファコーポレーション

  • トップページ
  • 会社案内
  • 商品案内
  • リクルート
お問い合わせ資料請求フォーム
  • Main Menu
  • 商品案内
  • ライフコスト削減事業
  • エコリフォーム
  • 外壁塗装
  • 塗り替えが必要なわけ
  • 塗装選びのポイント
  • 外壁塗装チェックリスト
  • Q & A
  • 職人の紹介
  • 施工の流れ・施工事例
  • アフターケア・保証
  • 屋根の葺き替え
  • 外壁リフォーム
  • 水回りのリフォーム
  • スマート電化
  • 家庭用太陽光発電
  • 産業用太陽光発電
  • 蓄電池
  • スマートハウス事業
  • メンテナンス事業
  • ヘルスケア事業
  • エステート事業
  • エコカー事業
  • ホームへ戻る
Q & A

塗装一般

Q1. 工事期間はどれくらいですか

家の大きさや塗装箇所、仕様にもよりますが、通常短くて1週間、長くて3週間程の工事期間になります。1週間以内で塗り替えができると早さを売りにしているところもありますが、きちんと作業を進めていくと通常は2週間くらいは必要になってきます。
お客様の大切なお住まいです。納期に間に合わせる為に、工程を省いたり、一つ一つを疎かにすることはできません。
無理なものは無理とお答えします。無理やり早く施工しても、結果的にお客様のお住まい、弊社の技術と信頼共に良くない結果になります。
しっかりと期間を守って施工していきます。

Q2. 塗り替えに適切な季節はありますか?
一年通して特に問題のある時期はありません。
しかし真夏や真冬は気温や霜などの気象条件(気温5度以下・45度以上、湿度85%以上)により、作業が多少制限される時間帯場合がありますので、やや工期が長めになることもあります。それだけ守れば問題はありません。
Q3. 工事中は出かけても大丈夫でしょうか?
問題ありません。戸締まりだけは十分注意してください。
室内の工事の場合のみ、施主様に立ち会っていただけたらと思います。
Q4. 工事中のトイレはどうするのですか?
極力現場に入る前や昼休みに済ませます。
また、携帯式簡易トイレの使用やご近所のコンビニの利用など、ご近所の皆様にもご迷惑をお掛けしないよう致します。
状況により、これらがどうしても不可能な場合、申し訳ありませんがお宅のトイレをお借りできればと思います。
Q5. 工事中は窓を開けられますか?
塗替え工事に付き物なのは窓の養生。すっぽりビニ-ルに包まれて密封されてしまいす。
特に夏などは窓を開けて換気したいものです。当社ではなるべく窓を開けられるような養生をしたり、半分ずつ工事を進める(南と東面・西と北面に分けて施工)などなるべく通常の生活が出来るよう心がけております。
Q6. 工事中の臭いは気になりませんか?
住宅塗替えで使われているものは、通常臭いがほとんどしません。
屋根などに使う塗料の中には強いものがありますので、少し臭いは出ますが、個人差はあると思いますが、それほど気になるレベルではないと思います。
Q7. 近所に迷惑はかかりませんか?
音や車両の駐車等ご迷惑をおかけすることもあります。ですので、工事着工前には、お向かい・両隣・裏のお宅には当社でご挨拶に伺わせていただきます。
また、ご相談いただければそれ以外のお宅へもご挨拶させていただきます。
Q8. どんな職人さんが来るのか不安です
「職人」というと、昔気質で頑固者、気むずかしいというイメージが有ると思いますが、当社では、塗装業を「サービス業」と考えています。塗り替え工事と同時にそこに携わる職人さんのマナーもサービスの一つと考えています。
当社の職人さんは、技術はもちろんですが、人柄重視です。
(詳しくはスタッフ紹介のページをご覧下さい)
今まで人柄に関係するようなクレームは起きたことがありません。ご安心下さい。
Q9. サイディング材も塗り替えは必要でしょうか?
最近の住宅に多いサイディング材も塗料で塗られたものですから、塗り替えが必要です。
サイディング材は新築の建物でだいたい7~9年を過ぎると、水をはじく性能が失われ劣化が進行します。この頃が初回塗り替えの理想的なタイミングだと思います。特にサイディング材の場合、合わせ目につめられているコーキングは弾力性を保つ反面、劣化により収縮する性質があります。年月が経つと、コーキングはどうしても縮みに耐え切れずひび割れてしまいます。そのひび割れから水分、湿気が浸入し建物の腐れの原因となりますので、そうなる前に定期的なコーキング打ち替え、塗り替えが必要です。
Q10. 塗り替え時期の目安はどれくらいですか?
従来では4~5年の塗り替え目安が一般的でしたが、最近は塗料の性能も良くなり6~7年に一度の塗り替を理想としています。住まいを長持ちさせるには早め早めのメンテナンスが必要です。目に見えるほどひどくなってから塗り替えるのでは効果が小さくなってしまいます。
Q11. 自分で塗ることはできませんか?
塗装・塗替えは、ただペンキを塗るだけではありません。
外壁・屋根の汚れをしっかり落とし、クラック(ひび割れ)がある場合はクラックの補修、その他に傷んでいるところがあれば修理し、そのうえで下地・上塗り・・・といった工程があります。

お客さまの中では、クラックの補修ぐらいなら・・・とホームセンターでコーキング材を購入し、補修を行う方がいらっしゃいます。しかし材料によっては、塗替え時の塗料を弾いてしまうものもあるので、まずはご相談されることをお勧めします。
Q12. 塗装をしたら何年くらいもつのですか?
一般的に鉄部→木部→屋根→外壁といった順で耐久年数が高くなります。同じ外壁、屋根でも下地の種類や、塗料の種類によっても耐久年数が異なります。

また、お住まいの環境や気候によっても違います。例えば、海の近くだと潮や風の影響で傷みが早いなど・・・自然環境に大きく左右されるため、塗替え寿命は一概にはいえません。
一般的にはアクリル系塗料で6~8年、ウレタン系塗料で8~10年、シリコン系塗料で10~12年と言われています。

遮熱塗装

Q13. 遮熱塗料を塗ることのメリットは何ですか?
ヒートアイランド対策(京都議定書による)が挙げられます。屋根表面の熱吸収を低減することによって、大気中への放熱を削減できます。また、冷房使用量の低減によって、クーラー室外機からの排熱の低減が期待できます。遮熱塗料とは、その効果によって環境への負荷を低減できる、新たな視点の環境配慮型塗料といえます。
Q14. 遮熱塗料の効果はいつも一定ですか?
遮熱塗料で塗り替えても温度は常に一定に下がるわけではありません。それは、太陽の角度や風の強さ、屋根の素材や色、換気やエアコンなど、様々な要素が室内の温度に影響を与えているからです。
効果を最大限に発揮するためには、日射反射率が高い色相を選ぶようにしましょう。同時に、地域との調和に配慮するようにしましょう。
Q15. 遮熱効果が最大になるのは、どんな時ですか?
真夏の快晴・無風の日(最高気温が38℃以上)・午後1時前後の測定で、最大15℃程度の屋根表面温度低減の効果が期待できます。

※屋根表面温度は、色相によって効果に差があります。実際の屋根での測定では、測定条件によって差異が出るため、同様の効果が生じにくい場合があります。

太陽光線が非常に多い時(夏季や夕方西向きの日照など)は、大きな遮熱効果が期待できます。一方、冬季の日照や、曇天時などは、太陽光が弱く、効果の差が出にくくなります。
Q16. 色相によって効果の違いはありますか?
色相の違いと日射反射率の違いから、各色の遮熱効果は異なります。
Q17. 家の中で、遮熱の効果を感じることはできますか?
遮熱した効果は、塗装した屋根の直下の部屋で感じ取ることができます。
しかし、屋根の表面温度が最大で10℃下がったとした場合でも、その部屋で何℃下がるのか?どのくらい効果を感じるか?は、その家が持つ断熱性能によってかなり違いが出ます。
断熱性能が高い家では、断熱性能が低い家とくらべて、もともと外から部屋に入ってくる熱がとても少ない状態(外部の熱環境の影響を受けにくい状態)にあるため、室内では遮熱した効果が出にくくなります。
家の断熱性能は、壁の中に入っている断熱材の厚さ(何センチか?)や気密性、木造か鉄骨造かコンクリート造かなど、その家の構造によって違います。
体感効果としては、天井の表面温度が下がることで、実際の室温低下以上に感じられる場合もあります(体感温度の感じ方には個人差があります)。

光触媒

Q18. 外部の陽の当たらない所でも光触媒の効果はあるのですか?
効果はあります。太陽光が直接当たらなくても、紫外線は当たりますので効果に支障はありません。
Q19. 室内に光触媒をしても陽も紫外線も当たらないと思うのですが、効果はでるのでしょうか?
外部用と室内用では、材料の内容がことなり、室内用は電気の光に反応し、脱臭・除菌などの効果を発揮します。
Q20. 布製品・カーテン・じゅうたんなどに施工した場合、洗濯やクリーニングに出しても効果は落ちませんか?
施工後、2ヶ月目以降から、洗濯などのお手入れは可能ですが、洗濯やクリーニングのたびに効果が薄れていき20回程洗ったころに、効果はなくなります。
Q21. 光触媒は、臭いはありますか?吸い込んでも大丈夫ですか?
光触媒は、無臭・無害です。
資料請求