株式会社アルファコーポレーション

  • トップページ
  • 会社案内
  • 商品案内
  • リクルート
お問い合わせ資料請求フォーム
  • Main Menu
  • 商品案内
  • ライフコスト削減事業
  • エコリフォーム
  • スマート電化
  • 家庭用太陽光発電
  • 産業用太陽光発電
  • 設置事例
  • メリット
  • シミュレーション
  • 蓄電池
  • スマートハウス事業
  • メンテナンス事業
  • ヘルスケア事業
  • エステート事業
  • エコカー事業
  • ホームへ戻る
メリット

メリット

お客様にとって最もメリットの高い太陽光発電のご提案を致します。

今、何故産業用太陽光発電なのか?
再生可能エネルギーを導入しやすくするため、現在各方面で規制緩和・法改正が進められています。いままで障壁となっていた部分が緩和され、導入に向けてハードルが下りつつあるのです。

今、導入を開始すれば、買取価格42円(税込)、買取期間20年が適用される上にさらに、グリーン投資減税の制度が受けられます。このような理由から、今、太陽光発電設備を導入するのが得策だといえます。今までも、太陽光発電の普及拡大のために減税などの制度がありました。

2011年夏の再生エネルギー法案成立を受け、固定価格買取制度が2012年7月1日より開始しました。
環境負荷の軽減という市場ニーズに応えるだけでなく、売電という重要な事業として、社会貢献にも繋がります。弊社はメリットの部分だけではなく、想定しうる問題やリスク面もしっかりとお伝えし納得のいくまでお話をさせて頂き、お客位様にとって最もメリットの高い太陽光発電のご提案を致します。

「電力事業者として千葉県に太陽光発電所250KWシステムの実証実験発電施設を運営し、あらゆる角度から問題の検証を行っております。
土地の購入から土地の分割、整地・フェンスの設計、基礎・架台に至るまで、外注先に任せず、すべて自社設計の元、施工運営しており、数パターンの基礎・架台・太陽光パネルを設置して実証実験を実施しておりますので、他社にはない独自のノウハウがあります。」

※必要なプロセスをワンストップで提供しますので、間に余計な業者が入ることなく、安心して導入していただけます。

グリーン投資減税

グリーン投資減税とは

青色申告書を提出する法人又は個人が、平成23年4月1日から平成26年3月31日までの間に、グリーン投資減税設備を取得し、これを1年以内に国内にある事業の用に供した場合に、取得価額の30%特別償却又は7%税額控除のいずれかを選択し税制優遇が受けられる制度です。(ただし、税額控除は中小企業者等のみ適用)。

平成24年7月から再生可能エネルギーの固定買取制度が開始されることに伴い、対象設備の定義が変わりました。また、所定の要件を満たせば取得価額を初年度に即時償却できるようになります。

■制度の概要

対象者

青色申告書を提出する個人又は法人

措置内容

以下のいずれか一方の税制優遇措置が受けられます。
・中小企業者に限り、取得価額の7%相当額の税額控除
・普通償却に加えて取得価額の30%相当額を限度として償却できる特別償却
・即時償却(取得価額の100%全額償却)

1.中小企業者に限り、基準取得価額(計算基礎となる価額)の7%相当額の税額控除
ただし、その税額控除額がその事業年度の法人税額の20%相当額を超える場合にはその20%相当額が限度となります。
2.普通償却に加えて取得額の30%相当額を限度として償却できる特別償却
平成23年6月30日から平成26年3月31日までの期間内に取得等して、その日から1年以内に事業の用に供した場合、事業の用に供した日を含む事業年度において特別償却ができます。
3.取得価額の全額を償却(100%償却、即時償却)できる特別償却
平成24年5月29日から平成25年3月31日までの間に設備を取得等し、電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法に規定する認定発電設備に該当するものに限り取得した日から1年以内に事業の用に供した場合に、事業の用に供した日を含む事業年度において、取得価格の全額を即時償却(100%を初年度に償却)できるようになります。

全量買取制度

屋根や空きスペースなどを活用して発電所を事業とすることが可能になりました

CO2排出削減や光熱費の削減効果が期待できる太陽光発電は、その素晴らしい能力が評価されているものの、実際の普及にはなかなか結びついていないという現実があります。そこで導入されるのが、全量買取制度です。

太陽光発電を事業として成立させるためには、それまでのように余剰電力を買い取るという付随的な制度ではなく、発電した全電力の買取に対する要望が強まっていました。その声を受け、太陽光発電など再生可能エネルギーによって生み出された電力の全量を固定価格で一定期間買い取ることを電力会社に義務付ける制度(全量買取制度)が法案成立し、平成24年7月1日からスタートします。

この制度により、事務所や倉庫、工場などを持つ事業者が屋根や空きスペースなどを活用して発電所を事業とすることが可能になりました。

資料請求