株式会社アルファコーポレーション

  • トップページ
  • 会社案内
  • 商品案内
  • リクルート
お問い合わせ資料請求フォーム
  • Main Menu
  • 商品案内
  • ライフコスト削減事業
  • エコリフォーム
  • 外壁塗装
  • 塗り替えが必要なわけ
  • 塗装選びのポイント
  • 外壁塗装チェックリスト
  • Q & A
  • 職人の紹介
  • 施工の流れ・施工事例
  • アフターケア・保証
  • 屋根の葺き替え
  • 外壁リフォーム
  • 水回りのリフォーム
  • スマート電化
  • 家庭用太陽光発電
  • 産業用太陽光発電
  • 蓄電池
  • スマートハウス事業
  • メンテナンス事業
  • ヘルスケア事業
  • エステート事業
  • エコカー事業
  • ホームへ戻る
塗装選びのポイント

外壁塗り替え塗料を選ぶポイント

塗料には、性能グレードがあります。

樹脂の性能が上がれば、耐久性・耐候性が上がることになるのですが、これは艶退けの起きにくさでの話で、外壁を守る塗料ということであれば、クラックの発生を抑える 弾性塗料や密着力を得るための硬質塗料などと目的によって様々な選択肢があります。

塗装サイクルに合わせた塗料スタイル

住宅の品質をいつまでも維持するには、メンテナンスが不可欠です。日本の住宅寿命の約30~40年という中で、何回塗り替えをするかにより、予算・使う塗料が変わってきます。 新築に12~15年の寿命を持つ塗料を選択することにより、塗り替え回数を1~2回に抑えることが可能です。また、ほんの数年ぐらいで、現在のお住まいが変わる可能性がある場合は、7~10年の耐年数の塗料 を使用すればコストを抑えられます。

汚れやカビ・藻から守る

新築からおよそ10年経つと、雨による筋状の汚れ、湿気のある箇所で発生するカビ・藻による汚れなど、様々な汚れが目立ってきます。
現在の塗料技術ではカビや藻などの汚れを完全に退治することは不可能です。しかし、下塗りから上塗りまで、カビ・藻を防止する機能のついた塗料を選ぶと、長期間にわたって防止することは可能です。

人に家に環境に優しい

塗り替えをする場合は、人の健康への配慮も大切です。嫌な臭いもなく、アレルギーの誘発もない。取り扱いも安全で、人にやさしい塗料がベストです。
近年は、さらに大気浄化作用で空気を綺麗に保つ塗料も開発されています。健康を心遣ったものをお薦めします。

紫外線に強い

紫外線で人の肌にシミができるのと同じく、住宅も紫外線で色落ち、白化、さらにヘアークラックと呼ばれる細かなヒビ割れの原因になります。そうすると水分がそこから浸入し、劣化がますます進みます。
化粧品のUVカット技術で紫外線から肌を守るように、過酷な環境でも耐えられる紫外線に強い塗料を選ぶのがポイントです。

塗料の種類と耐用年数

種類

耐用年数

特徴

アクリル樹脂

4~6年

耐久性や耐気候性に優れています。

塩化ゴム

6~8年

耐水性・耐塩水性・耐薬品性に優れています。
自然環境が厳しい船舶や鉄橋などに使われています。

ポリウレタン樹脂

8~10年

一番多く使われており、耐久性や耐磨耗性に優れているだけでなく、
耐油性や耐薬品性も優れている高品質の塗料です。

シリコン樹脂

13~15年

透湿性に富む塗装の膜を形成。また塗装膜の膨れやはがれ、
さらに、建物の内部結露を防止する塗料です。

フッ素樹脂

18~20年

長期耐候性があり、塗料としては最高水準の性能です
一般のお住まいでも幅広く使われています。

耐用年数が長いほど価格は高くなります。また、いくら耐久性が良くても、色には飽きや流行もありますので、簡単に塗り替えが出来ない高層ビルなどは別ですが、住宅用ではそこまで高耐久な塗料は必要ないでしょう。
むしろ価格的に手ごろで、汚れにくく、防カビ性能や、洗浄機能といった付加性能がついた住宅向け塗料を選ぶのが良いでしょう。
最近では、シックハウス対応型や、遮熱、調湿度・空気洗浄塗料といったものや、光触媒で雨で汚れが落ちる塗料など、様々な機能性塗料もあります。

資料請求